X
DAY
HOUR   MINUTE   SECOND

「セイコーゴールデングランプリ陸上2019」は19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催され、選手たちのハイレベルなプレーと皆様の応援に支えられ、無事終了することができました。ご来場いただいた皆様、出場選手、ご尽力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

日本陸上競技連盟
大阪市、朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社

 

最新情報

フォトギャラリーを公開しました。 - Monday, May 27, 2019

フォトギャラリーを見る

 

桐生10秒01 五輪金ガトリンに0秒01差2位 - Monday, May 20, 2019

セイコーゴールデングランプリ 男子100メートル 10秒01で惜しくも2位となる桐生祥秀(左)、1位は10秒00のジャスティン・ガトリン(右)

IAAF(国際陸上競技連盟)ワールドチャレンジ第3戦「セイコー・ゴールデングランプリ大阪」は5月19日、ヤンマースタジアム長居で開催された。

男子100メートルは、ジャスティン・ガトリン(37=米国)が追い風1・7メートルの中、10秒00で優勝した。日本勢トップは、日本人初の9秒台(9秒98)スプリンター桐生祥秀(23=日本生命)。ガトリンと最後まで競り合い、10秒01のシーズンベストで2位に入った。終盤まではトップの好走だっただけに、会場も盛り上がった。小池祐貴(24=住友電工)は、自己新となる10秒04で4位となったが、期待の山縣亮太(26=セイコー)は、10秒11で5位に終わった。

男子200メートルは日本人の母を持つマイケル・ノーマン(21=米国)が、自己ベストの19秒84で圧勝した。

男子走り高跳びは、戸邊直人(27=JAL)が2メートル27で2連覇を果たした。今季2メートル35の日本新をマークし、世界室内ツアー総合優勝も飾った戸邊。この日も勝負強さを見せた。

 

本日、開催! - Sunday, May 19, 2019

 IAAF(国際陸連)ワールドチャレンジ第3戦「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」が19日、大阪市のヤンマースタジアム長居で始まった。
 午前10時15分のフィールド競技から開始。女子走り幅跳び、女子ハンマー投げ、男子棒高跳びと続く。トラック競技は同11時25分の女子1600メートルリレーから。午後1時35分から男子200メートル、同100メートルがあり、最終種目の男子400メートルリレーは午後3時15分スタートとなる。
 注目は男子400メートルリレー。16年リオ五輪銀メダル、17年ロンドン世界選手権銅メダルの日本代表がアジア新記録を狙う。11日の世界リレー(横浜)ではバトンミスでまさかの失格。今秋のドーハ世界選手権出場権獲得を持ち越した。今度こそ本来の走りを見せ、世界選手権、20年東京五輪での連続表彰台に結びつけたい。
 大会の模様は午後1時30分からTBS系で生放送される。

 

エントリーリスト - Saturday, May 18, 2019

最新エントリーリスト

 

特集:男子走高跳・戸辺直人(JAL) - Saturday, May 18, 2019

走り高跳び戸辺直人「技と知」でメダル候補へ飛躍

顔の大きさを測る走り高跳びの戸辺直人

世界から集結するトップアスリートに挑む日本の5選手を紹介。第5回は男子走り高跳びの戸辺直人(27=JAL)。2月にドイツ・カールスルーエであった競技会で2メートル35をクリアし、従来の日本記録を2センチ更新した。金メダルを目標とする今秋の世界選手権(ドーハ)へ弾みをつけるジャンプを目指す。

194センチの長身に顔の大きさは24・5センチ。手足も長いスラッとした8頭身ジャンパーは今、トラック&フィールドの個人種目でオリンピック(五輪)、世界選手権のメダルに最も近い位置にいる日本人ともいわれる。世界室内ツアーを日本人で初優勝し、最新の国際陸連のランキングは5位。2メートル35の記録は室内とはいえ今季世界最高だ。戸辺は「記録としては今後、2メートル40を狙っていきたい」と意気込む。男子走り高跳びで日本勢の五輪最高順位は5位、世界選手権はメダルはおろか入賞もない。だが「世界選手権では金メダルを取れるように頑張りたい」と力強く話す。(以下略)

全文を読む

 

特集:男子やり投げ 新井涼平(スズキ浜松AC) - Friday, May 17, 2019

新井涼平、歯の治療で「地獄」の首の痛み消え復活

やりを構える新井(撮影・上田悠太)

世界から集結するトップアスリートに挑む日本の5選手を紹介。第4回は男子やり投げの新井涼平(27=スズキ浜松AC)。16年リオデジャネイロ五輪の予選は全体4位で決勝に進んだ男も過去2年は、首などのけがに苦しんだ。悩み続けた痛みを消す契機となったのは歯の治療。今季は万全の状態へと戻り、日本歴代2位となる自己記録86メートル83の更新も見据える。(中略)

セイコーGGPへ向けては、83 メートル 00の今秋の世界選手権(ドーハ)の参加標準記録は「最低目標」と位置付ける。視線は20年東京五輪の参加標準記録(85 メートル 00)に向く。「そこを投げられれば」。雌伏の時を経て、世界と争える一撃で復活を告げる。

全文を読む

 

お知らせ:記者会見をライブ配信します。 - Thursday, May 16, 2019

前日記者会見ライブ配信、決定!

セイコーゴールデングランプリの前日会見をライブ配信します。
選手も多数登壇予定です。お楽しみに!
5月18日(土)15:00~(予定)

2018年5月19日撮影

 

特集:男子100m 山県亮太(セイコー) - Thursday, May 16, 2019

山県亮太「ガトリンに勝つ」データを基に成長模索

セイコーGGP陸上2018大阪男子100m決勝 10秒06で1着となるガトリン(右)、2着は山県亮太(左から2人目)(2018年5月20日撮影)

世界から集結するトップアスリートに挑む日本の5選手を紹介。第3回は男子100メートルで自己記録10秒00を持つ山県亮太(26=セイコー)。1人だけの出場だったものも含め、日本人選手には現在、30レース100 メートル 無敗の日本最強スプリンターは、9秒台と今秋の世界選手権(ドーハ)、20年東京オリンピック(五輪)での決勝進出を目指し、新たな取り組みで成長を模索している。

山県は17年6月の日本選手権を最後に日本勢に先着を許していない。日本最強スプリンターは今季から成長を数字に刻む試みをしている。4月中旬。MRIで筋肉の断面積を測定した。今後も定期的にデータを調べていく。理由はこうだ。

「目に見える形で、根拠を持ち、自分の成長を実感したかったので。自分のパフォーマンスをコントロールしたいとの思いもあり、測るようになりました」(中略)

世界選手権、東京五輪と決勝進出を目指す上で、17年世界選手権王者ガトリンと対決できるセイコーGGPは試金石となる。「ガトリン選手は強いですが、勝てば日本短距離界のレベルが上がっている証明になります。東京五輪も近づいていますから、日本の短距離はやってくれるんじゃないか、という期待を持ってもらえるように、ガトリン選手に勝ちたいです」。前回大会は「0秒07」及ばなかった。今年の差はいかに。示す数字が成長の証しにもなる。

全文を読む

 

特集:男子200m 飯塚翔太(ミズノ) - Wednesday, May 15, 2019

飯塚翔太、虫垂炎から復帰 まず世陸参加標準の突破

練習で力強い走りをする飯塚翔太(2019年4月30日撮影)

世界から集結するトップアスリートに挑む日本の5選手を紹介。第2回は男子200メートルに出場する飯塚翔太(27=ミズノ)。200メートルで日本歴代2位となる自己記録20秒11を持つ男は、急性虫垂炎からの復帰戦に挑む。

飯塚は急性虫垂炎からの復帰レースとなる。アジア選手権(ドーハ)へ出発前の4月16日夜に痛みが出た。17日に手術し、へそなど3箇所から内視鏡を入れ、21日まで入院した。代表に選出されたアジア選手権、世界リレー大会(日産スタジアム)は本調子でなく、回避するも、思考ポジティブだ。今回の手術によって、昨春も悩まされた腸腰筋の痛みが術後になくなった。「少しずれてドーハに行く飛行機の中、現地にいって痛めていたら大変なことになっていた。試合に入る前に練習を落とす時期だったからよかった。バリバリ練習する時期だったら大変。もう体も出来上がって休もうという時期だった」と笑う。

前向きでいられる裏付けには充実の2、3月がある。シーズンを占う大切な練習期。短距離選手としては異例の高地トレーニングを2年連続で敢行した。標高約1900メートルのメキシコ・ケレタロで約1カ月。気圧が低く、空気抵抗が小さくなる高地はスピードが出やすい環境に身を置き、速く走るイメージ、動きを体に染み込ませた。(以下略)

全文を読む

 

特集:男子400mH 野沢啓佑(ミズノ) - Wednesday, May 15, 2019

野沢啓佑「楽しく」リオ五輪後けが打ち勝ち復活気配

リオデジャネイロ五輪男子400メートル障害準決勝1組 49秒20で同組6位で準決勝敗退となる野沢啓佑(左手前)(2016年8月16日撮影)

世界から集結するトップアスリートに挑む日本の5選手を紹介。第1回は男子400メートル障害に出場する野沢啓佑(27=ミズノ)。16年リオデジャネイロ五輪(オリンピック)では、日本勢3大会ぶりとなる同種目準決勝進出も、過去2年は両足とも足底筋膜炎に悩まされ、ろくに走れなかった。故障に打ち勝ち、復活しようとしている。

治っては痛くなる、苦闘の連鎖が続いた2年間を経た。暗闇を抜け、野沢は輝きを取り戻しつつある。今季はシンガポールオープン49秒59、静岡国際49秒84、木南道孝記念49秒52と3連勝。ハードル間の歩数は7台目まで14歩、8台目からの3台目は15歩。リオデジャネイロ五輪時は4台目まで13歩、5から8台目まは14歩、9、10台目は15歩で跳んでいた。それだけに、本来の力とはまだ言えないが、復活の気配が漂う。(中略)

セイコーGGPでは優勝と、今秋の世界選手権(ドーハ)の参加標準記録(49秒30)の突破を狙う。「自分の中で気負わず、楽しくレースをしたい。やっぱり勝ちにはこだわりたい。その中でタイムが出せたら」。走れる喜びだけでなく、勝負の欲も出てきた。もう、これからは走れなかった鬱憤(うっぷん)を晴らし続けていく。

全文を読む

 

リレー種目のエントリーについて - Wednesday, May 15, 2019

男子400mリレーには日本歴代3位となる37秒85で制した昨年に続き、日本代表が参戦。ともに金メダルを目指す今秋の世界選手権(ドーハ)、2020年東京五輪へ弾みの付く好記録が期待されます。

●Men : 4x100 Metres Relay

チーム
TEAM
NR
出場選手

JPN
37.60
山縣亮太、桐生祥秀ほか

USA
37.38
ジャスティン ガトリンほか

TPE
38.78
楊俊瀚ほか

INA
38.77
ラルムハンマド ゾフリほか

ROU
39.18
ペトレニコレ レズミベスほか

AUS
38.17
ローハン ブラウニングほか

JPN-U20
39.01
山路 康太郎、中村 彰太ほか

大東文化大
39.16
-

エントリーリストを見る

●日本代表リレーチーム候補選手

氏名
ATHLETE
DATE OF BIRTH
COUNTRY
所属
PROFILE
PB:100m
18-19SB
山縣 亮太
Ryota YAMAGATA
10-Jun-1992

セイコー
View
10.00
10.00
桐生 祥秀
Yoshihide KIRYU
15-Dec-1995

日本生命
View
9.98 NR
10.08
ケンブリッジ 飛鳥
Asuka CAMBRIDGE
31-May-1993

Nike
View
10.08
10.12
小池 祐貴
Yuki KOIKE
13-May-1995

ANA
10.17
10.17
多田 修平
Shuhei TADA
24-Jun-1996

住友電工
View
10.07
10.21
    PB:200m
18-19SB
飯塚 翔太
Shota IIZUKA
25-Jun-1991

ミズノ
View
20.11
20.34
藤光 謙司
Kenji FUJIMITSU
1-May-1986

ゼンリン
View
20.13
20.61
山下 潤
Jun YAMASHITA
23-Aug-1997

筑波大学
20.46
20.46
染谷 佳大
Yoshihiro SOMEYA
14-Jul-1998

中央大学
20.64
20.64
原 翔太
Shota HARA
18-Jul-1992

スズキ浜松AC
View
20.33
20.65
 

キャンペーンのご案内 - Wednesday, May 15, 2019

選手への応援メッセージを募集します。

いただいたメッセージは、当日会場の大型映像に掲載します。また、メッセージいただいた方の中から、抽選でプレゼントを差し上げます。沢山の応募をお待ちしています!

応募方法
対象SNS:Twitter&Instagram
以下2点を満たしていることが、応募条件となります。

  1. ハッシュタグ「#セイコーGGP」「#選手名」を入れてツイート、または投稿する。
    ※「#選手名」のところには応援する選手名を入れて投稿してください。
  2. セイコースポーツのTwitterアカウント(@sports_seiko)又はInstagramアカウント(seiko_sports)をフォローすること

キャンペーン詳細を見る  応援メッセージ(投稿)を見る

 

出場予定選手の変更、追加があり、エントリーリストを最新版に更新しました。 - Tuesday, May 14, 2019


女子やり投げの北口榛花
日本記録保持者として初めて挑む大会となるセイコーゴールデングランプリ陸上。16年に日本歴代2位(当時)を出した相性のいい今大会で再びのビッグスローを狙う。

<主な追加選手>
■男子800m
川元 奨(スズキ浜松AC)PB 1:45.75 日本記録保持者

■男子400mH
岸本 鷹幸(富士通)PB 48.41 18日本選手権1位
野澤 啓佑(ミズノ)PB 48.62 19静岡国際1位

■男子棒高跳
江島 雅紀(日本大学)PB 5.65 18日本選手権3位
澤野 大地(富士通)PB 5.83  日本記録保持者

■女子100m
世古 和(CRANE)PB 11.50 18日本選手権1位
土井 杏南(JAL)PB 11.43
市川 華菜(ミズノ)PB 11.43

■女子100mH
田中 佑美(立命館大学)PB 13.33
紫村 仁美(東邦銀行)PB 13.02

■女子やり投
北口 榛花(日本大学)PB 64.36 日本記録保持者

<欠場>
■女子100m
福島 千里(セイコー) 理由:アキレス腱炎のため
 

最新版エントリーリストを見る

 

等身大パネル - Friday, May 10, 2019

選手の等身大パネルを撮影した方には大会のチケットをプレゼントします。

 

ヤンマースタジアム長居を囲む3つの区役所に男子100mに出場する桐生、山縣、多田、各選手の等身大パネルが設置されました。大会開催まで地元を盛り上げます。
また、大阪市では、3区役所のいずれかの等身大パネルを撮影し、大会当日、チケットプレゼント引換ブースに撮影した画像を提示すると、B席のチケットをプレゼントするキャンペーンを実施してます。ぜひご参加ください。

詳細を見る  

阿倍野区役所 ⇒ 山縣選手、 住吉区役所 ⇒ 多田選手、東住吉区役所 ⇒ 桐生選手
設置期間:4/15(月)~5/17(金)

 

イベントタイムテーブルを公開しました。 - Tuesday, May 7, 2019

注目の男子100mは13:45スタート、東京2020でメダルが期待される男子4x100mリレーはラストイベントとして大会を最高潮に盛り上げます。

詳しくはこちら

 

海外エントリー選手について - Tuesday, April 23, 2019

男子400m昨年世界ランク1位の記録を持つマイケル・ノーマン(USA)、女子400mHリオ五輪金メダリストのダリラ・ムハンマド(USA)が参戦!

男子400mの2018年世界ランク1位の記録を持つマイケル・ノーマン(USA)(※出場種目は200m)と女子400mHリオ五輪金メダルとロンドン世界選手権で銀メダル獲得のダリラ・ムハンマド(USA)の参戦が決定しました。また、男子100m元世界記録保持者リロイ・バレルの長男キャメロン・バレル(USA)の出場も決定。

男子100mには、大会3連覇中のジャスティン・ガトリン(USA)が今年も参戦します。山縣(セイコー)、桐生(日本生命)、ケンブリッジ(Nike)、多田、小池(ともに住友電工)ら記録を伸ばしてきている日本勢は皆9秒台の記録を持つアメリカ勢と1発決勝に挑みます。

エントリーリストを見る

「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」は、世界最高水準の国際陸上競技連盟(IAAF)ワールドチャレンジ第3戦として開催されます。

 

中・長距離種目エントリー選手について - Thursday, April 18, 2019

出るか日本記録!大学駅伝エースの塩尻和也、日本歴代2位の北村夢

本日、中・長距離種目に出場する日本選手が発表されました。男子 3000mSCには昨年8月にジャカルタで行われたアジア大会の銅メダリスト塩尻和也(富士通)、女子 800mには、日本歴代2位の記録を持ちアジア大会 4位入賞の北村夢(エディオン)が参戦します。

エントリーリストを見る

 

短距離・ハードル種目エントリー選手について - Wednesday, April 17, 2019

男子100mHの日本記録保持者が参戦!

本日短距離・ハードル種目に出場する日本選手が発表されました。男子110mHは、昨年 の日本選手権で14 年ぶりに13.36の日本記録を樹立した金井大旺(ミズノ)、昨年8月にジャカルタで行われたアジア大会において銅メダルを獲得した高山峻野(ゼンリン)が出場。更なる日本記録更新が期待されます。昨年は後半、Chen(TPE)に競り負け2位~3位となった金井、高山各選手。今年はどんなレースになるか注目です。

エントリーリストを見る

 

跳躍・投てき種目エントリー選手について - Wednesday, April 10, 2019

“室内世界チャンピオン”戸邉直人が更なる高みへ挑戦!

跳躍、投てき種目に出場を予定している日本選手ついて、お知らせします。

注目の男子走高跳には、2月にドイツ・カールスルーエで行われた室内競技会で、2m35の日本新記録で優勝し、世界室内ツアー 総合優勝の快挙を成し遂げた戸邉直人(JAL)が更なる快挙に挑みます。

男子棒高跳には、アジア大会金メダリストの山本聖途(トヨタ自動車)、男女走幅跳には、U20世界選手権金メダリストの橋岡優輝(日本大学)、銀メダリストの高良彩花(筑波大学)がエントリー。女子ハンマー投には、アジア大会銅メダリストの勝山眸美(オリコ)が参戦予定!

エントリーリストを見る

 

4連覇なるか!?ガトリン参戦決定。 - Thursday, April 4, 2019

セイコーゴールデングランプリ陸上3連覇中、2017年ロンドンで開催された世界選手権男子100mでは、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)を破り金メダルを獲得したジャスティン・ガトリン(アメリカ)が参戦決定。

日本勢は、日本記録9秒98の桐生祥秀(日本生命)、10秒00 日本歴代2位の山縣亮太(セイコー)、リオオリンピック 4×100mR“銀メダル”のケンブリッジ飛鳥(Nike)、ロンドン世界選手権 4×100mR“銅メダル”獲得の多田修平、小池祐貴(ともに住友電工)との対決に注目してください。

 

男子 100mエントリーについて - Monday, March 4, 2019

1 秒先にいくのは、誰だ?
山縣、桐生、小池、ケンブリッジ、多田 最速決定戦!

「セイコーゴールデングランプリ陸上 2019 大阪」にて、男子 100m に出場を予定している日本人選手お知らせします。

2017年9月に初の日本人9秒台を叩き出し“日本記録”を樹立した桐生祥秀(日本生命)、昨年、ジャカルタで開催された第18回アジア競技大会男子100mで10秒00の自己タイ記録の“日本歴代 2位”で銅メダルを獲得した山縣亮太(セイコー)、さらに男子200mにおいて、20秒23の自己ベストをマークし、12 年ぶりとなる金メダルに輝いた小池祐貴(住友電工)、20年ぶりにアジア大会男子4×100mRで日本に金メダルをもたらした多田修平(住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)が出場予定です。

2019年4月4日現在

氏名/所属 PB/18SB
桐生祥秀
日本生命
9.98/10.10
山縣亮太
セイコー
10.00/10.00
多田修平
住友電工
10.07/10.21
ケンブリッジ飛鳥
Nike
10.08/10.12
小池祐貴
住友電工
10.17/10.17
 

セイコーゴールデングランプリ陸上

 

2019年5月19日(日)
会場:ヤンマースタジアム長居