X

2019-RESULTS-Men

Men 100m

 男子100メートルは、ジャスティン・ガトリン(37=米国)が追い風1・7メートルの中、10秒00で優勝した。
 日本勢トップは、日本人初の9秒台(9秒98)スプリンター桐生祥秀(23=日本生命)。ガトリンと最後まで競り合い、10秒01のシーズンベストで2位に入った。
 小池祐貴(24=住友電工)は、自己新となる10秒04で4位となったが、期待の山縣亮太(26=セイコー)は、10秒11で5位に終わった。

◆ガトリンの話「シーズン最初のレース。リハビリで回復に努めてきた中、桐生から良い挑戦があった。ここ数年、日本人と戦ってきて、多田のスタートと桐生のフィニッシュの強さに負けないようにした。世界選手権はすでに代表に入っているので、全米選手権はスピードをテストする。来年の東京五輪がおそらく私の最後のキャリアになると思うので、1年、1年しっかり戦っていきたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
Wind +1.7
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Justin Gatlin
ジャスティン ガトリン
USA 10.00  
2   Yoshihide Kiryu
桐生 祥秀
日本生命 10.01  
3   Lalu Muhammad Zohri INA 10.03  
4   Yuki Koike
小池 祐貴
住友電工 10.04  
5   Ryota Yamagata
山縣 亮太
セイコー 10.11  
6   Shuhei Tada
多田 修平
住友電工 10.12  
7   Cameron Burrell
キャメロン バレル
USA 10.12  
8   Kendal Williams
ケンダル ウィリアムズ
USA 10.20  
9   Aska Cambridge
ケンブリッジ 飛鳥
NIKE 10.30  

Men 200m

 男子200メートルは、マイケル・ノーマン(21=米国)が向かい風0・4メートルの中、19秒84の大会新で優勝した。
 400メートルで今季43秒45の世界歴代4位タイをマークしているノーマンは、母親の故郷日本で好走。秋のドーハ世界選手権、来年の東京五輪に弾みをつけた。

◆ノーマンの話「シーズン最初のレース、しかも200メートルの海外レースで、タイムには満足している。でも、レース運びはOKだったが、アグレッシブさが足りなかった。母の故郷日本で初めて走ったが、2020年に向けての素晴らしい経験になった。日本のおいしいものを食べ過ぎないように考えたい。400メートルで43秒を切るのが大きな目標で、期限を切るのは難しいが、うまくいけば今年か来年にできると思う。今回の世界選手権は400メートルのみに出場しようと思っている。まだ、プロとして歩み始めたばかりなので、ひとつにフォーカスした方が良い。今後、プロとして円熟味が増してくれば、2種目も視野に入ってくるだろう。メダルを見据えて計画を練っていきたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
Wind -0.4
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Michael Norman
マイケル ノーマン
USA 19.84  
2   Chun-Han Yang TPE 20.50  
3   Christopher Belcher
クリストファー ベルチャー
USA 20.57  
4   Anaso Jobodwana
アナソ ジョボドワナ
RSA 20.69  
5   Jun Yamashita
山下 潤
筑波大 20.75  
6   Shota Iizuka
飯塚 翔太
ミズノ 20.76  
7   Kenji Fujimitsu
藤光 謙司
ゼンリン 20.85  
8   Yoshihiro Someya
染谷 佳大
中央大 20.89  
9   Shota Hara
原 翔太
スズキ浜松AC 21.03  

Men 400m

 男子400メートルは、バーノン・ノーウッド(26=米国)が45秒79で優勝した。  リオ五輪日本代表のウォルシュ・ジュリアン(22=富士通)は、46秒29で2位だった。

◆ノーウッドの話「調子が良かったので勝ちにいった。結果には満足している。ファンのエネルギーがとても良かった。世界リレーから滞在している日本を去るのは悲しい。また戻ってきたい。世界選手権に向けては、アメリカの400メートルにはライバルが多いので、チームに入れたら満足だ」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Vernon Norwood
バーノン ノーウッド
USA 45.79  
2   Julian Jrummi Walsh   46.29  
3   Mitsuki Kawachi   46.69  
4   Kentaro Sato
佐藤 拳太郎
富士通 46.92  
5   Steven Solomon
スティーブン ソロモン
AUS 47.16  
6   Alex Beck AUS 47.31  
7   Naoki Kitadani
北谷 直輝
東海大 47.34  
8   Brycen Spratling
ブリケン スプラティング 
USA 47.37  
8   Kota Wakabayashi
若林 康太
駿河台大 47.37  

Men 800m

男子800メートルはジョナサン・キティラト(25=ケニア)が1分46秒37で優勝した。  日本記録保持者の川元奨(26=スズキ浜松AC)は、1分48秒00で7位に終わった。

◆キティラトの話「1分44秒くらいで走りたかったが、このトラックは風の影響がある。でも気候も良く、勝てて良かった。ケニアで800メートルの世界選手権代表になるには、厳しい戦いが待っているが、うまく計画して代表に選ばれたい。そして、選ばれたら表彰台を狙う。2020年はまず、世界選手権をこなしてから、改めて計画を練りたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS LANE ATHLETE   MARK
1   Jonathan Kitilit
ジョナサン キティラト
KEN 1:46.37
2   Guy Learmonth
ガイ リアマンス
GBR 1:46.81
3   Alfred Kipketer
アルフレッド キプケテル
KEN 1:46.88
4   Mostafa Smaili
ムスタファ スマイリ
MAR 1:46.95
5   Joshua Ralph
ジョシュア ラルフ
AUS 1:47.23
6   Sho Kawamoto
川元 奨
スズキ浜松AC 1:48.00
7   Tatsuya Nishikubo
西久保 達也
早稲田大 1:48.26
8   Kazuyoshi Tamogami   1:49.02
9   Takumi Murashima
村島 匠
福井県スポーツ協会 1:59.92

Men 3000mSC

 男子3000メートル障害は、ケニア人留学生のフィレモン・キプラガト(17、倉敷高)が、8分22秒65の今季最高をマークして優勝した。  高校駅伝優勝の立役者でもあるキプラガトは、積極的なレース運びでゲトネト・ワレ(18=エチオピア)との十代対決を制した。

Official result download
 
POS LANE ATHLETE   MARK
1   Philemon Kiplagat Ruto KEN 8:22.65
2   Getnet Wale ETH 8:23.01
3   Abraham Kibiwot KEN 8:28.27
4   Nicholas Kiptanui Bett KEN 8:29.23
5   Barnabas Kipyego KEN 8:29.70
6   John Koech BRN 8:30.04
7   Mohamed Tindouft MAR 8:32.28
8   Kazuya Shiojiri
塩尻 和也
富士通 8:32.75
9   James Nipperess AUS 8:40.57
10   Kosei Yamaguchi
山口 浩勢
愛三工業 8:41.20
11   Donald Cabral USA 8:41.52
12   Hironori Tsuetaki
潰滝 大記
富士通 8:41.63
13   Seiya Shigeno
滋野 聖也
プレス工業 8:52.98
14   Ryohei Sakaguchi
阪口 竜平
東海大 8:56.65

Men 110mH

  男子110メートル障害は、泉谷駿介(19=順大)が追い風2・9メートルの参考記録ながら、13秒26の好タイムで優勝した。昨年のU20世界選手権3位の泉谷は、期待通りの走りで、15年ユニバーシアード優勝のグレッグマー・スイフト(28=バルバドス)らを置き去りにした。

Official result download
 
Wind +2.9
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Shunsuke Izumiya
泉谷 駿介
順天堂大 13.26  
2   Greggmar Swift
グレッグマー スイフト
BAR 13.45  
3   Taio Kanai   13.47  
4   Shunya Takayama
高山 峻野
ゼンリン 13.51  
5   Shuhei Ishikawa
石川 周平
富士通 13.63  
6   Ryan Fontenot
ライアン フォンテノー
USA 13.70  
7   Johnathan Cabral
ジョナサン カブラル
CAN 13.74  
8   Hideki Omuro   13.76  
9   Ruebin Walters
ルエビン ウォルターズ
TTO 13.84  

Men 400mH

 男子400メートル障害は、豊田将樹(21=法大)が50秒38で優勝した。  豊田はリアクションタイムが出場7選手中、最も遅い0・349だったが、若さで逆転した。

Official result download
 
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Masaki Toyoda
豊田 将樹
法政大 50.38  
2   Keisuke Nozawa
野澤 啓佑
ミズノ 50.65  
3   Mahau Suguimati
杉町 マハウ
BRA 50.87  
4   Kakeru Inoue
井上 駆
順天堂大 50.97  
5   Chieh Chen
陳 傑
TPE 51.05  
6   Masayuki Obayashi
大林 督享
石丸製麺 51.45  
7   Aron Kipchumba Koech KEN 52.48  

Men 4x100mリレー

 今大会で最も注目の男子400メートルリレーは、日本(多田、山縣、小池、桐生)が38秒00で優勝した。11日の世界リレー(横浜)では、まさかのバトンミスで失格したが、今回は好走した。
 2位には38秒73で、米国オールスター(ベルチャー、ガトリン、ウィリアムズ、バレル)が入った。

Official result download
 
POS LANE ATHLETE   MARK
1 7 多田 修平 / TADA Shuhei
山縣 亮太 / YAMAGATA Ryota
小池 祐貴 / KOIKE Yuki
桐生 祥秀 / KIRYU Yoshihide
JPN 38.00
2 6 クリストファー ベルチャー / Christopher BELCHER
ジャスティン ガトリン / Justin GATLIN
ケンダル ウィリアムズ / Kendal WILLIAMS
キャメロン バレル / Cameron BURRELL
USA ALL STARS 38.73
3 5 魏 泰陞 / WEI Tai-Sheng
王 偉旭 / WANG Wei-Hsu
楊 俊瀚 / YANG Chun Han
鄭 博宇 / CHENG Po-Yu
TPE 39.12
4 8 トレ ウィリアムズ / WILLIAMS Trae
アレックス ハートマン / HARTMANN Alex
ザック ホルズワーズ / HOLDSWORTH Zach
ジェイク ドラン / DORAN Jake
AUS 39.17
5 9 モハマドビスマ アビナ / ABINA Mochammad Bisma Diwa
ラルムハンマド ゾフリ / ZOHRI Lalu Muhammad
エコ リムバワン / RIMBAWAN Eko
バユ ケルタネガラ / KERTANEGARA Bayu
INA 39.76
6 2 齊藤 光来 / SAITO Mirai
平野 翔大 / HIRANO Shodai
太田 匡哉 / OTA Masaya
安田 圭吾 / YASUDA Keigo
大東文化大 39.80
7 4 中村 彰太 / NAKAMURA Shouta
瀬尾 英明 / SEO Hideaki
小久保 大地 / KOKUBO Daichi
山路 康太郎 / YAMAJI Kotaro
JPN-U20 40.03
  3 ペトレニコレ レズミベス / REZMIVES Petre Nicolae
マリウス ガブリエル トニー / TONE Marius Gabriel
アレクサンドル テルペザン / TERPEZAN Alexandru
コスティンフロリアン ホミウツ / HOMIUC Costin Florian
ヨアンアンドレイ メルネセツ / MELNICESCU Ioan Andrei
ROU DNF

Men HJ/走高跳

  男子走り高跳びは、戸邊直人(27=JAL)が2メートル27で2連覇を果たした。今季2メートル35の日本新をマークし、世界室内ツアー総合優勝も飾った戸邊。この日も勝負強さを見せた。

Official result download
 
POS ATHLETE   MARK
1 Naoto Tobe
戸邉 直人
JAL 2.27
2 Takashi Eto
衛藤 昂
味の素AGF 2.24
3 Tihomir Ivanov
ティホミル イバノフ
BUL 2.20
4 Tomohiro Shinno
真野 友博
九電工 2.20
5 JaCorian Duffield
ジャコリアン ダフィールド
USA 2.15
6 Marco Fassinotti
マルコ ファシノッティ
ITA 2.10
7 Chun-Hsien Hsiang TPE 2.10

Men PV/棒高跳

男子棒高跳びは黄博凱(22=中国)が、5メートル61で優勝した。  9月に39歳を迎える沢野大地(富士通)は、5メートル41で4位だった。

◆黄の話「最初は風向きが変わって、すごく心配したが、やっていくうちに自信がついて記録が出せた。目標は(5メートル71の世界選手権参加)標準記録突破だったが、風も強かったので、自分の力を出せれば良いと考えを変えた。今後は中国国内のライバルを気にするよりも自分に勝つことが大事。世界選手権、五輪も視野に入れて頑張るが、将来は世界のトップに立つのが目標だ」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK
1 Bokai Huang
黄 博凱
CHN 5.61
2 Jie Yao
姚 捷
CHN 5.51
3 Seito Yamamoto
山本 聖途
トヨタ自動車 5.51
4 Daichi Sawano
澤野 大地
富士通 5.41
5 Masaki Ejima
江島 雅紀
日本大 5.31
6 Tomas Weckstén FIN 5.11

Men LJ/走幅跳

  男子走り幅跳びは、山川夏輝(23=東武トップツアーズ)が向かい風0・2メートルの6回目に7メートル87を跳び、優勝した。今季、日本記録の8メートル25まで3センチに迫っていた橋岡優輝(20=日大)は、7メートル80で3位だった。

Official result download
 
POS ATHLETE   MARK WIND
1 Natsuki Yamakawa
山川 夏輝
東武トップツアーズ 7.87 -0.2
2 Hibiki Tsuha
津波 響樹
東洋大 7.81 0.0
3 Yuki Hashioka
橋岡 優輝
日本大学 7.80 -0.4
4 Shotaro Shiroyama
城山 正太郎
ゼンリン 7.77 -0.3
5 Chia-Hsing Lin
林 佳興
TPE 7.74 -1.0
6 Daniel Bramble
ダニエル ブランブル
GBR 7.64 +1.7
7 William Williams
ウィリアム ウィリアムズ
USA 7.54 -0.1

Men TJ/三段跳

 男子3段跳びは、オマー・クラドック(28=米国)が向かい風0・4メートルの2回目の試技で、17メートル16をマークして優勝した。

◆クラドックの話「観客の声援が素晴らしく、すごく楽しかった。体力が付き、体調も良いので、あとは神様次第だが、引き続き、この調子で行きたい。今季は17メートル68の自己新(今季世界最高)も出せたので、これを世界選手権のメダルにつなげたい。オリンピックはロンドン、リオに出られなかった。だから東京にはしっかり準備して出場し、メダルを持って帰りたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK WIND
1 Omar Craddock
オマー クラドック
USA 17.16 -0.4
2 Yaming Zhu
朱 亜明
CHN 16.51 -0.4
3 Nazim Babayev
ナジム ババエフ
AZE 16.48 -0.2
4 Yuki Yamashita
山下 祐樹
茨城陸協 16.43 NWI
5 Ryoma Yamamoto
山本 凌雅
JAL 15.79 -1.9
6 Mutsuki Harada
原田 睦希
清川株式会社 15.50 -0.7

Men JT/やり投

 男子やり投げは、エディス・マトゥツェビチウ(22=リトアニア)が、6投目に84メートル55の好記録をマークして優勝した。  日本期待の新井涼平(27=スズキ浜松AC)は、目標としていた83メートルの世界選手権参加標準記録には遠く及ばず、78メートル34で3位に終わった。

◆マトゥツェビチウの話「この大会は観客の声援が良く、とても気に入った。最後の一投がとくに飛んだのは、観客のサポートのおかげだと思う。今後の最大の目標は、全てのやり投げ選手の目標である100メートルを飛ばすこと。そのためにはスピード、パワー、技術の全てを向上させる必要がある。何より安定した技術を身に付ければ、結果も上がっていくと思う」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK
1 Edis Matusevičius LTU 84.55
2 Shih-Feng Huang TPE 79.05
3 Ryohei Arai
新井 涼平
スズキ浜松AC 78.34
4 Kenji Ogura
小椋 健司
日本体育施設 77.67
5 Kohei Hasegawa
長谷川 鉱平
福井県スポ協 77.53
6 Vítezslav Veselý CZE 75.90
7 Hamish Peacock
ハミシュ ピーコック
AUS 75.22
8 Ayumu Ishiyama
石山 歩
ティラド 74.69