X

2019-RESULTS-Women

Women 100m

女子100メートルは、ミキアフ・ブリスコ(22=米国)が向かい風2・2メートルの中、11秒33で優勝した。  日本勢は土井杏南(23=JAL)が、11秒72で5位となったのが最高だった。

◆ブリスコの話「今回の大会はわくわくしていた。日本に来て2週間、とても雰囲気が良く、楽しめた。スタートでは風がきつかったが、走り切れた。アメリカ代表チームに入って世界選手権に出たい。そのためには、タイムは特に考えず、良いレースをしたい。そうすればタイムは自ずと付いてくる。とりあえず、今は今年のことに集中する。その後に見返して、2020年に向かいたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
Wind -2.2
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Mikiah Brisco
ミキアフ ブリスコ
USA 11.33  
2   Olga Safronova
オルガ サフロノワ
KAZ 11.39  
3   Dezerea Bryant
デザレ ブライアント
USA 11.44  
4   Leya Buchanan
レヤ ブキャナン
CAN 11.56  
5   Anna Doi
土井 杏南
JAL 11.72  
6   Kana Ichikawa
市川 華菜
ミズノ 11.94  
7   Nodoka Seko
世古 和
CRANE 11.98  
8   Ichiko Iki
壹岐 いちこ
立命館大 12.12  

Women 200m

 女子200メートルは、イベト・ラリワコリオ(35=ブルガリア)が22秒55の大会新で優勝した。  リオ五輪400メートルリレー3走で金メダルのイングリッシュ・ガードナー(27=米国)は、23秒29で、4位に終わった。

◆ラリワコリオの話「昨日、35歳になったばかり。20年競技を続けいる中で多くのことを学んだ。パフォーマンスをコンスタントに出すために、可能性を高めている。ガトリン選手が40歳近くになってもメダルを取れるのは、きちんと健康な状態を維持し、熱い思いがあるから。自分も東京五輪に出られたら、5回目の五輪で、すごく大きなこと。子どもたちの誇りになるので、健康で良いパフォーマンスを見せたい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
Wind +0.5
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Ivet Lalova-Collio
イベト ラリワコリオ
BUL 22.55  
2   Kyra Jefferson
カイラ ジェファーソン
USA 23.00  
3   Olga Safronova
オルガ サフロノワ
KAZ 23.08  
4   English Gardner
イングリッシュ ガードナー
USA 23.29  
5   Nana Adoma Owusu-Afriyie AUS 23.34  
6   Maki Wada
和田 麻希
ミズノ 23.70  
7   Naoka Miyake
三宅 奈緒香
住友電工 24.31  
8   Miku Yamada
山田 美来
日本体育大 24.39  

Women 800m

 女子800メートルは、ノエリエ・ヤリゴ(33=ベナン)が2分3秒18で優勝した。

◆ヤリゴの話「去年は2位だったので、今日の結果はとても良い。世界選手権の代表には決まっており、自国のためにメダルを取りたい。前回は9位だったので頑張りたい。日本は良い空気で食べ物もおいしいので、来年も来たい。東京五輪では決勝に残り、メダルを取れたらうれしい」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS LANE ATHLETE   MARK
1   Noélie Yarigo BEN 2:03.18
2   Emily Cherotich Tuei KEN 2:03.80
3   Angela Petty
アンジェラ ペティ
NZL 2:03.81
4   Eunice Jepkoech Sum KEN 2:04.79
5   Ayaka Kawata
川田 朱夏
東大阪大 2:05.91
6   Ayano Shiomi
塩見 綾乃
立命館大 2:06.07
7   Airi Ikezaki
池崎 愛里
順天堂大 2:06.86
8   Brittany McGowan
ブリタニー マクゴワン
AUS 2:09.06
9   Yume Kitamura
北村 夢
エディオン 2:09.72

Women 100mH

 女子100メートル障害は、追い風0・4メートルの中、シャリカ・ネルビス(29=米国)が12秒70で優勝した。
 サリー・ピアソン(32=オーストラリア)も同タイムだったが、12秒693のネルビスが、12秒699のピアソンをわずかに上回った。

◆ネルビスの話「優勝できたが、改善点がある。ハードル間は良かったが、越えるところをもっとアグレッシブに行けていたら、もっと記録が伸びた。常に向上することを意識してやっており、一貫してパフォーマンスを出せば、世界選手権、東京五輪の代表になれると思っている。アメリカ代表入りは難関だが、入れば金メダルも狙えると思う」

Official result download
 
▼Interview with a winner
Wind +0.4
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Sharika Nelvis
シャリカ ネルビス
USA 12.70  
2   Sally Pearson
サリー ピアソン
AUS 12.70  
3   Pedrya Seymour
ペドリャ シーモア
BAH 12.90  
4   Queen Harrison
クイーン ハリソン
USA 12.92  
5   Kristi Castlin
クリスティ カストリン
USA 13.01  
6   Ayako Kimura
木村 文子
エディオン 13.11  
7   Yumi Tanaka
田中 佑美
立命館大 13.22  
8   Hitomi Shimura
紫村 仁美
東邦銀行 13.33  
9   Masumi Aoki
青木 益未
七十七銀行 13.37  

Women 400mH

 女子400メートル障害は、リオ五輪金メダルのダリラ・ムハンマド(29=米国)が53秒88で優勝した。

◆ムハンマドの話「今日のタイムにはとても満足している。世界新記録に向けた秘密の新しい取り組みがうまくいった。アメリカにはライバルが多く、世界選手権の米国チームに選ばれるだけでも大きなハードルだが、自信はある。まずはドーハに向けて頑張る。それが2020年につながると思っている」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS LANE ATHLETE   MARK RT
1   Dalilah Muhammad
ダリラ ムハンマド
USA 53.88  
2   Tia-Adana Belle BAR 55.42  
3   Cassandra Tate
カサンドラ テート
USA 55.45  
4   Joanna Linkiewicz
ヨアンナ リンケウィチ
POL 56.35  
5   Eri Utsunomiya
宇都宮 絵莉
長谷川体育施設 57.31  
6   Kana Koyama
小山 佳奈
早稲田大 57.45  
7   Akiko Ito
伊藤 明子
筑波大 57.61  
8   Katrina Seymour
カトリナ シーモア
BAH 58.04  
9   Honoka Aoki
青木 穂花
筑紫女学園高 58.45  

Women 3000mSC

  女子3000メートル障害は、石澤ゆかり(31=エディオン)が10分12秒12で優勝した。  30歳の昨季からこの種目に挑んだ石澤は、いきなり日本選手権で優勝。この日も第一人者の貫禄を示した。

Official result download
 
POS LANE ATHLETE   MARK
1   Yukari Ishizawa   10:12.12
2   Ayaka Koike   10:23.27
3   Manami Nishiyama   10:28.67
4   Fumika Sasaki   10:34.31
5   Mika Okimura   10:39.15
6   Yumi Yoshikawa   10:51.78
7   Mayuko Nakamura   10:52.84

Women 4x100mリレー

 女子400メートルリレーは、日本(土井、山田、壹岐、三宅)が45秒01で優勝した。  日本はエース福島千里をアキレス腱炎で欠き、平凡な記録に終わった。

Official result download
 

Women 4x400mリレー

 女子1600メートルリレーは、日本(岩田、松本、青山、武石)が3分33秒39で優勝した。  日本は奮闘したが、3分28秒91の日本記録には4秒余り及ばなかった。

Official result download
 

Women LJ/走幅跳

  女子走り幅跳びは、ブルック・ストラットン(25=オーストラリア)が向かい風0・2メートルの6回目に6メートル66を跳び、優勝した。  日本勢は秦澄美鈴(23、シバタ工業)が6メートル41の自己新をマークし、3位に食い込んだ。

◆ストラットンの話「風が難しかったが、勝ててうれしい。今季の目標は自己記録の7メートル05を超えること。7メートルを跳べば、世界選手権、東京五輪でもメダルの可能性があると思う」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK WIND
1 Brooke Stratton
ブルック ストラットン
AUS 6.66 -0.2
2 Alina Rotaru ROU 6.47 -1.4
3 Sumire Hata
秦 澄美鈴
シバタ工業 6.41 +1.8
4 Shara Proctor
シャラ プロクター
GBR 6.29 -0.5
5 Hitomi Nakano
中野 瞳
和食山口 6.25 +1.3
6 Ayaka Kora
高良 彩花
筑波大学 6.07 -1.6

Women JT/やり投

女子やり投げは、余玉珍(21=中国)が1投目に60メートル88をマークして優勝した。  先日の「木南記念」で64メートル36の日本新を記録した北口榛花(21=日大)は、60メートル00で2位となった。

◆余の話「記録には満足してはいるが、良かった2投目がファウルになったのは残念だった。目標の世界選手権参加標準記録(61メートル50)を8月には突破し、代表になりたい。今回初めて日本に来たが、大好きになったので、来年の東京五輪でも代表になれたらすごくラッキーだと思う」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK
1 Yuzhen Yu
余 玉珍
CHN 60.88
2 Haruka Kitaguchi
北口 榛花
日本大 60.00
3 Liveta Jasiunaite
リベタ ヤシウナイテ
LTU 59.74
4 Lingdan Su
蘇 玲丹
CHN 59.37
5 Orie Ushiro
右代 織江
新潟アルビレックスRC 59.16
6 Marina Saito
斉藤 真理菜
スズキ浜松AC 58.67
7 Risa Miyashita
宮下 梨沙
MPE 57.12

Women HT/ハンマー投

 女子ハンマー投げは王崢(31=中国)が、75メートル27の大会新で優勝した。  77メートル68のアジア記録を持つ王は、5投目で2位のグウェンドリン・ベリー(29、米国)の74メートル09を逆転。そのまま逃げ切った。

◆王の話「今日は73メートル以上出れば良いと思っていたが、75メートル27も出て自分でもびっくりした。新しいコーチとのコミュニケーションがうまくいっていることもあるが、日本に来ると食べ物もおいしく、気持ちが良い。そして、観客の熱意も感じて記録が出せたと思う。東京オリンピックについては、もう入場券を手に入れた。ベストを尽くせば良い結果になると思う」

Official result download
 
▼Interview with a winner
POS ATHLETE   MARK
1 Zheng Wang
王 崢
CHN 75.27
2 Gwen Berry USA 74.09
3 DeAnna Price
ディアナ プライス
USA 72.92
4 Na Luo
羅 娜
CHN 72.57
5 Joanna Fiodorow
ヨアンナ フィドロフ
POL 71.41
6 Hanna Skydan
アンナ スキダン
AZE 71.29
7 Jillian Weir
ジリアン ウィア
CAN 67.77
8 Malwina Kopron
マルイワ コプロン
POL 67.77
9 Sophie Hitchon
ソフィー ヒッチョン
GBR 67.51
10 Hitomi Katsuyama
勝山 眸美
オリコ 57.09