X

第5回 2015年5月10日(日)◇川崎市等々力陸上競技場

リニューアルされた川崎市等々力陸上競技場で行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上2015川崎」

女子100mハードル世界女王のサリー・ピアソン(28=オーストラリア)、100mと走り幅跳び2種目に出場する女子走り幅跳び2014年世界ランク1位のティアナ・バートレッタ(30=アメリカ)、アジア大会チャンピオンの100m 張培萌(チョウバイホウ 28=中国)女子走幅跳ダリア・クリシナなど各種目に世界を代表するトップ選手が出場!

ソトマヨルが持つ世界記録2メートル45まで3センチに迫る13年世界選手権王者、男子走高跳のボーダン・ボンダレンコ(25=ウクライナ)には、記録更新の期待がかかった。男子100mは10秒00の記録を持つ張 培萌(中国)と好調日本勢との対決に注目が集まった。

Headline
  • 世界陸上王者のボンダレンコが、2m37で優勝
  • バートレッタが女子100m、走り幅跳びで2冠
  • 高瀬 向かい風で10秒09の好記録
  • 女子やり投げ海老原復活 2年ぶり日本記録更新
  • 5年ぶり自己新 男子200m 藤光V
  • 女子200m日本勢トップ 福島4位 復活告げる23秒11
第5回大会リザルト/男子
第5回大会リザルト/女子

※年齢、所属は当時のものです。

GALLERIES

Todoroki Athletics Stadium, KANAGAWA /10 May 2015