X
JAPANESE ENGLISH

たくさんのご声援、ありがとうございました。

「セイコーゴールデングランプリ陸上2018」は20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で開催され、選手たちのハイレベルなプレーと皆様の応援に支えられ、無事終了することができました。ご来場いただいた皆様、出場選手、ご尽力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。


日本陸上競技連盟
大阪市、朝日新聞社、日刊スポーツ新聞社

TBS系列
5月20日 午後3時より生中継!

最新情報

本日開催! - 2018年5月20日
IAAF(国際陸連)ワールドチャレンジ第2戦兼アジア競技大会代表選手選考会「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」が20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で始まった。

午前11時45分のフィールド競技から開始。男子ハンマー投げ、男女棒高跳び、男子3段跳びと続く。トラック競技は正午の女子1600メートルリレーから。午後3時過ぎから男子200メートル、同100メートルがあり、最終種目の男子400メートルリレーは午後4時45分スタートとなる。

注目は男子400メートルリレー。16年リオ五輪銀メダル、17年ロンドン世界選手権銅メダルの日本代表がA、Bチームで出場。アジア新記録を狙う。米国、中国との競り合いを制することができれば、19年ドーハ世界選手権、20年東京五輪での連続表彰台も見えてくる。

大会の模様は午後3時からTBS系で生放送される。
 

当日券について - 2018年5月20日
当日券の販売は、9:00より競技場正面広場のチケット販売所にて行います。(販売開始時刻は都合により変更になる可能性もございます。)
前売券が完売した場合は、当日券の販売は行いませんので、予めご了承ください。
 

明日開催! - 2018年5月19日


【19日前日練習】ヤンマースタジアム長居で公式練習が行われました。男子100メートルに出場する山県亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)、多田修平(関学大)が揃ってスタート練習を行い、4選手とも明るい表情で、まるで兄弟のようなリラックスした雰囲気が印象的でした。明日の4選手の活躍に期待が高まります。
 

選手紹介【第6回】桐生祥秀、男子100m、4x100mリレー - 2018年5月19日

学生時代にはない覚悟 桐生祥秀が世界と渡り合う

 1年前とはまったく違う心境がある。桐生は練習場に到着すると、よく口にする。「これから仕事」。今春に東洋大を卒業。日本生命とは所属契約で、実質プロとなった。競技者として報酬をもらっている以上、求められるのは結果、インパクトを残すこと。学生時代にはない覚悟がある。

12日のダイヤモンドリーグ上海大会は10秒26の最下位だった。それでも世界の強豪を「前のように遠くは感じなくなってきた」と言う。強がりではない。昨年の世界選手権100メートル金ガトリン(米国)同200メートル金グリエフ(トルコ)16年リオ五輪100メートル銅ドグラス(カナダ)らとの差を0秒1以内に抑えただけでなく、確かな根拠がある。

以前は強豪相手に先行されると、体が反るなど力む悪癖があった。ただ上海は理想のフォームのまま最後まで駆け抜けた。結果だけ見れば、中盤以降に差をつけられた格好だが、それは今季100メートル初戦で状態が仕上がっていなかったから。原因は明確。スピードが例年の水準に戻れば、世界と渡り合える自信を得た。

明日20日のセイコー・ゴールデングランプリ大阪(ヤンマースタジアム長居)に向けては「楽しみなメンバー。どれだけスピードを上げられるか」と話す。速く、強い男だと証明する。

 

選手紹介【第5回】男子100mと男子400mリレーに出場する多田修平 - 2018年5月18日

多田修平「ガトリン倒す」今季目標9秒台へ原点回帰

 1年前は“謎の男”だった。昨年5月、川崎で行われた前回大会の男子100メートルで、のちの世界王者ガトリン(米国)が「誰か分からないが、素晴らしいスタートを切った選手がいた」と目を丸めた。隣でレース後半まで引っ張っていたのが多田。ブレークのきっかけになった大会へ、今年は「ガトリン選手を倒すつもりで臨みたい」と力強い。“謎の男”は昨季、飛躍的に力をつけた。6月の日本学生個人選手権では追い風参考ながら9秒94を記録。8月の世界選手権(ロンドン)では400メートルリレーで銅メダルを獲得し、今では小さな大会でも少年少女にサインをねだられる。ツイッターのフォロワー数も昨夏の短期間で、一気に1万人以上増えたという。

その注目株が今季はもがく。オフはガトリンに認められたレース序盤での「省エネ化」を目指した。米国での武者修行などで足を回転させる「ピッチ」重視から、1歩1歩を力強く踏み出して後半に体力を残す形にした。だが、タイムが上がらず「自分に合っていないスタートと理解できた」と4月中旬から原点回帰を決断。今季の目標に掲げる9秒台とアジア大会制覇へ、地元長居は「相性がいい気がする」。成長物語第2章の幕開けだ。

 

記録の見どころ - 2018年5月18日
トラック編

 注目は昨夏の世界選手権王者ジャスティン・ガトリン(36=米国)が参戦する男子100メートル。日本勢も山県亮太(25=セイコー)桐生祥秀(22=日本生命)ケンブリッジ飛鳥(24=ナイキ)多田修平(21=関学大)宮本大輔(18=東洋大)ら豪華メンバーが集う。

男子200メートルには、日本から17年世界選手権の男子400メートルリレー銅メダルメンバーである飯塚翔太(25=ミズノ)藤光謙司(31=ゼンリン)らが参戦と、見どころ満載だ。

女子トラック競技の注目は、100メートル。キャンデイス・ヒル(19=米国)や韋永麗(26=中国)らに福島千里(29=セイコー)と市川華菜(27=ミズノ)が挑戦。福島は初めて自社の看板を背負っての出場だけに、結果を求めていきたいところだ。

フィールド編

 男子棒高跳びは、16年リオ五輪で日本勢64年ぶりの入賞となる7位だった沢野大地(37=富士通)の大ジャンプに期待が掛かる。他にも五輪2度、世界選手権3度出場の山本聖途、五輪1度、世界選手権3度出場の荻田大樹、5メートル65の20歳以下の日本記録を持つ期待の18歳江島雅紀ら日本のトップジャンパーが集結する。

女子やり投げには日本人3選手が登場する。斉藤真理菜(22=スズキ浜松AC)は4月29日に行われた織田記念国際で59メートル60の記録で初優勝と好調だ。

 

選手紹介【第4回】山県亮太、花形種目で「9秒8」と大きな目標を掲げる。 - 2018年5月17日

山県亮太「インパクトを残す」100m目標は9秒8

 口調は控えめながら、山県は言う。「それが出れば日本記録としてもインパクトが出る。インパクトを残すのは選手として大事なこと。うそいつわりなく、そのつもりでやっています」。その掲げた目標は「9秒8」だ。日本歴代2位の10秒00を出した昨年9月の全日本実業団対抗選手権は追い風0・2メートル。もし2・0メートルの追い風が吹いていたら、9秒8台が出ていたという試算もある。自らの成長度+好条件、その2つが重なった時。「手の届くギリギリの範囲だと思う」。日本人初の9秒台は桐生に先を越された。それだけに日本記録9秒98を上回るだけでは満足できない。

今季は3月のオーストラリアでの競技会では10秒15(追い風1・7メートル)、4月の織田記念国際は10秒17(追い風1・3メートル)。昨春はけがに苦しんだが、今年は順調に調子を上げている。「世界を見据えた時にいつまでも停滞しているわけにはいかない」と話す。狙うは日本人1位ではない。世界選手権王者のガトリン(米国)らを倒しての優勝だ。

会場のヤンマースタジアム長居は2年前10秒03、昨年10秒00と自己記録を更新した地。再び衝撃を残す大阪としたい。

 

選手紹介【第3回】女子100mなどに出場する市川華菜。 - 2018年5月16日

市川華菜、後半に流れつなぐ 別種目から成長ヒント

 女王の座は譲らない。市川は昨年の日本選手権では100メートル、200メートルの2冠に輝いた。4月の織田記念国際では11秒79の予選3組3着で上位者による決勝A進出を逃すなど、まだ本調子には至っていないが、「日本選手権をピークに焦らず、徐々に上げていけるようにやっていきたい」と語る。セイコー・ゴールデングランプリ大阪にも福島、前山、斎藤と日本選手権で優勝を争うメンバーがそろった。連覇が懸かる1カ月後の日本選手権へ状態を確認する舞台としたい。
今季のオフテーマはバネを鍛えること。「足が(地面に)付いた時の力を強くすれば、前に進む」と言う。昨年同様、母校である愛知・岡崎城西高の練習に参加し、男子の跳躍選手らとともに汗を流した。ほぼ同じレベルの男子高校生と競いながら、推進力を高める筋力などを強化した。

また別種目からも、成長のヒントも得た。走り高跳びは助走のカーブ走で遠心力を蓄え、それを踏み切りで一気に地面に伝え、反発を利用する。その動きはコーナーから入り、直線を駆け抜ける200メートルにも生かせると考えた。「楽にコーナーを回れるようにいろんな方向から取り入れてみました。うまく遠心力を使えれば、コーナーを出る時にスッと出られるんじゃないかなと」と言う。直径約4メートルの円を走るなどして、曲走での重心の使い方などを染み込ませた。得意の後半に、いい流れでつなぐ感覚を磨いた。

12年ロンドンオリンピック(五輪)は女子400メートルリレーで出場した。しかし、その後、腰のケガにも悩まされた影響もあり、16年リオデジャネイロ五輪は出場できなかった。2年後の東京五輪。その舞台には個人種目で立ちたい。

 

選手紹介【第2回】男子200mと400mリレーに出場する飯塚翔太。 - 2018年5月15日

飯塚翔太、日本人初の19秒台へ鍵は「大きい走り」

 目指している数字がある。日本人初の19秒台。飯塚は「結果で手応えが欲しい。いつでも(20秒を)切れる準備をしたい」と力を込める。自己記録は16年の20秒11。今季は春の米国合宿で右腸腰筋を痛めて出遅れたが、大阪へ向けて状態は戻ってきた。

大台突破のキーワードとなるのが、ストライド(一歩の長さ)だ。日本陸連の科学委員会のデータによると、20秒55で3着だった日本選手権でのストライドは最高2メートル28。同レースでサニブラウン・ハキーム(18=フロリダ大)は2メートル41、藤光謙司(32=ゼンリン)は2メートル34だった。過去の最高記録は2メートル31という飯塚は「1センチだけでもストライドが伸びれば、19秒台が出るというデータもある。大きい走りが重要」と言う。186センチの長身を考えれば、やや物足りないストライド。ただ得意のピッチを維持したまま、それがミリ単位でも伸びれば、記録は大幅に縮まる可能性を秘めている。

400メートルリレーは山県、桐生、ケンブリッジと16年リオ五輪で銀メダルを獲得したメンバーで臨む。「20年東京五輪の金メダルへ向けて、実戦で課題を見つけて、やっていきたい」と話す。4人の中では最年長でまとめ役。リレーチームでの活動では、桐生が「飯塚さんに甘えてます」と言うように、周囲から広く慕われる。

成熟するチームの中にあって、替えのきかない存在となっている。

 

選手紹介【第1回】男子100mに出場する宮本大輔。世代交代を狙う。 - 2018年5月14日

宮本大輔「チャレンジャーの気持ち」先輩桐生に挑む

 常に世代のトップを走り続けてきた。山口・周南中では10秒56の中学新、京都・洛南高では10秒23の高校歴代3位のタイムを出した。今春から東洋大に入学した期待のホープだ。

世界選手権王者ガトリン、桐生、山県、多田、ケンブリッジら国内外の強豪との対戦となる。「選ばれると思っていなかった。びっくりした」と正直な気持ちを明かしながら「トップ選手の中で、いかに自分のレースができるか」と意気込む。

 山口・大島小(現鼓南小)時代は鼓南野球スポーツ少年団にも所属していた。そこでも俊足列伝は事欠かない。高学年から守備位置は主にセンター。「レフトオーバー、ライトオーバーは僕が取りに行った」と広すぎる守備範囲を誇っていた。

打席は左。打順が回ってくると相手からはセーフティーバント対策として「サードが異常に前に出てくる」という“宮本シフト”をひかれた。出塁すれば「けん制球がすごくたくさん来た」と笑う。それでも当たり前のように「3塁まで2球」と二盗、三盗を初球で決めていた。1度、ホームスチールも成功させたが「それからはキャッチャーから警戒に警戒を受け、それ以来できなかった」と回想する。

まさに規格外の俊足。野球ゲーム「ファミスタ」に登場する「ピノ」が現実世界に出てきたような存在だった。

高校までは周囲から追われる立場だった。そこからシニアの舞台に戦いの場が変わり、日本のトップランナーを追う立場になった。心理的変化もある。

「チャレンジャーの気持ちでやっていけたらいい」

栄光は過去のものと捉え、記録更新を見据える。

 

学校訪問「夢・授業(特別版)」を開催します。 - 2018年5月13日

 大阪市は、「セイコーゴールデングランプリ陸上2018大阪」の関連イベントとして、学校訪問「夢・授業(特別版)」を実施します。

参加講師として、世界大会等に出場した、君野貴弘さん(走高跳)、井村久美子さん(走幅跳)、男子100メートルに出場するジャスティン・ガトリン選手(アメリカ)が、各学校を訪問します。

実施校
・大阪市立南港みなみ小学校
・大阪市立常盤小学校
・大阪市立阪南小学校

 

パラリンピック陸上競技種目を実施! - 2018年5月11日

本大会において、パラリンピック陸上競技種目を実施することとなりました。実施する種目は男子100m T64、T62、男子走幅跳 T63。
男子100mには、海外から 4名の選手を招集し、国内からは3名の選手が出場、男子走幅跳には、国内選手1名が出場を予定しています。

 

日本代表リレーチームが世界と対決! - 2018年5月1日

リオデジャネイロオリンピックで銀メダル、ロンドン世界選手権で銅メダルを獲得した、日本代表リレーチームがヤンマースタジアム長居で世界の強豪と激突。出場チームは、ジャスティン・ガトリン率いる陸上大国アメリカ、アジア初の9秒台、蘇炳添らが出場するアジアのライバル中国、韓国記録10秒07の金國栄率いる韓国、そして日本代表はAチーム、Bチームに分かれ出場予定。日本代表の世界最高峰のバトンパス、世界トップレベルのリレー対決が日本国内で見ることができる、またとないチャンスです。

 

海外からオリンピック、世界選手権メダリスト参戦決定! - 2018年4月27日

ワールドチャレンジ第2戦の男子ハンマー投にはオリンピック、世界選手権の金メダリストらが出場。世界トップアスリートによる世界頂上決戦が大阪で実現します。

世界選手権(モスクワ、北京、ロンドン)現在3連覇中のパベウ・ファイデク(ポーランド)、リオオリンピック金メダリストのジルショド・ナザロフ(タジキスタン)、リオオリンピック、世界選手権(北京、ロンドン)銅メダリストのボイチェフ・ノビツキ(ポーランド)などがエントリー。

男子やり投には、ロンドン世界選手権の銀メダリスト、ヤクブ・バドレイフ(チェコ)が参戦決定。リオオリンピックファイナリストの新井涼平(スズキ浜松AC)との対決が注目されます。

 

ハードル種目のエントリー選手を発表! - 2018年4月19日

ハードル種目のエントリー選手をご案内します。

日本記録更新が期待される男子110mHには、昨年、日本記録に0.01秒に迫る日本歴代2位の記録をマークした増野元太(ヤマダ電機)を始め、ロンドン世界選手権日本代表3名が出場。男子400mHは、リオオリンピックセミファイナリストの野澤啓佑(ミズノ)とロンドン世界選手権セミファイナリストの安部孝駿(デサントTC)が対決、海外選手に挑みます。

女子100mHには、ロンドン世界選手権で日本人初のセミファイナリストの木村文子(エディオン)、同じくロンドン世界選手権日本代表で日本歴代2位の紫村仁美(東邦銀行)が出場予定です。


※今後選手が決定、追加されます。

 

中・長距離種目のエントリーリスト(日本選手)を発表! - 2018年4月18日

中・長距離種目のエントリー選手をご案内します。

男子3000mには、2月にMGC出場権を獲得した佐藤悠基(日清食品グループ)、10000m日本記録保持者の村山紘太(旭化成)など日本を代表するトップランナーが集結。男子1500mには、2月25日に日本室内記録1マイルを更新した館澤亨次(東海大学)が出場予定。

男女800mにおいては、日本記録更新が期待されます。男子800mには、2月3日に日本室内記録を更新した川元奨(スズキ浜松 AC)、女子800mは、昨年日本記録に迫る好タイムを出した北村夢(エディオン)に、昨年の高校総体で高校生新記録を出した塩見綾乃(立命館大学)、川田朱夏(東大阪大学)が挑戦。

女子3000mには、ロンドン世界選手権日本代表の鈴木亜由子、鍋島莉奈(日本郵政グループ)がエントリー。海外の強豪選手とのレース展開が注目されます。


※今後選手が決定、追加されます。

 

短距離種目のエントリーリスト(日本選手)を発表! - 2018年4月17日

短距離種目のエントリー選手をご案内します。

男子400mは、リオオリンピック、ロンドン世界選手権の日本代表選手が集結し、海外選手に挑みます。女子100mは、日本記録保持者の福島千里(セイコー)と昨年の日本選手権覇者の市川華菜(ミズノ)がエントリー。二人は先週11日開催のシンガポール・オープン100mに参戦し、福島が決勝で11秒57を出して優勝。市川は11秒78で3位だった。二人の好勝負が期待されます。


※今後選手が決定、追加されます。

 

跳躍種目のエントリーリスト(日本選手)を発表! - 2018年4月10日

跳躍種目のエントリー選手をご案内します。

男子走高跳に、リオオリンピック、ロンドン世界選手権日本代表の衛藤昂(味の素AGF)、男子棒高跳に、リオオリンピックファイナリストの澤野大地(富士通)、リオオリンピック、ロンドン世界選手権日本代表の山本聖途(トヨタ自動車)、荻田大樹(ミズノ)、男子三段跳には、ロンドン世界選手権日本代表の山本凌雅(JAL)がエントリー。

また、日本陸連が認定するダイヤモンドアスリート第4期(2017-2018)からは男子棒高跳にU20日本記録保持者の江島雅紀(日本大学)、走幅跳には2017年日本選手権優勝の橋岡優輝(日本大学)が出場(予定)します。


※今後選手が決定、追加されます。

 

男子200m、飯塚翔太、藤光謙司、原翔太がWR1位に挑む! - 2018年4月4日

2017年世界最高タイムのアイザック・マクワラ(200M 19.77)出場!

 男子200mエントリー選手が発表されました。昨年、ロンドンで開催された世界選手権で6位に入り、2017年世界ランキング1位のアイザック・マクワラ(ボツワナ)、2009年U18世界選手権4位のデドリック・ドュークス(アメリカ)、北京世界選手権4×100mR銀メダリスト謝 震業(中国)の参戦が決定。

日本勢は、ロンドン世界選手権200m準決勝進出、4×100mR第2走の飯塚翔太(ミズノ)、ロンドン世界選手権4×100mR銅メダリストの藤光謙司(ゼンリン)、2017年日本選手権でサニブラウン、藤光、飯塚に続き4位の原翔太(スズキ浜松AC)、ユニバーシアード(2017/台北)4×100mR金メダリスト、ダイヤモンドアスリート修了生の山下潤(筑波大学)が出場予定です。


※今後選手が決定、追加されます。

 

超豪華!男子100mエントリー選手が発表されました。 - 2018年3月22日

 昨年、ロンドンで開催された世界選手権男子100mにおいて、ボルト(ジャマイカ)を破り金メダルを獲得したジャスティン・ガトリン(アメリカ)が参戦決定。

日本勢は、昨年 9秒台を叩き出し“日本新記録”を樹立した桐生祥秀(東洋大学、4月から日本生命)、10秒00 の“日本歴代 2位”をマークした山縣亮太(セイコー)、ロンドン世界選手権 4×100mR“銅メダル”獲得の多田修平(関西学院大学)、リオオリンピック 4×100mR“銀メダル”のケンブリッジ飛鳥(Nike)、高校歴代 3位の記録を持つ「ダイヤモンドアスリート」の宮本大輔(洛南高校、4月から東洋大学)が出場予定です。


※今後選手が決定、追加されます。

 

セイコーゴールデングランプリ陸上

2018年5月20日(日)
会場:ヤンマースタジアム長居